元付け業者と客付け業者



ホームラボ調布・国領の竹内です。

前々回のブログで「元付け、客付けなーに?」という内容をお話ししました。

超簡単に要約してしまうと元付けは正式には元付不動産業者のことで、大家さんから空室のお部屋の借主を探してほしいと依頼された業者の総称で、もう一つの客付け業者はその元付業者からの空室物件を希望するお客さんを探してその元付業者に紹介する、いわゆる仲介業者のことを言います。

当社、ホームラボ調布・国領は客付け業者として仲介業務を行っている会社となります。

 

ですから不動産業務形態の呼び方は覚える必要がありませんが、不動産取引を行う予定がある方は知っておいた方が理解しやすいかと思いますね。

もっと言うとそれ以外によく耳にすると思いますが、管理会社というのも存在します。

そこはまた別の機会にお話しするとして、冒頭の元付業者と客付け業者にはそれぞれ長所、短所が多少あります。

 

まず元付業者は大家さんと直接お話ししているのでその物件のことは非常に詳しいです。

また大家さんから依頼され空室情報を不動産業者共通の情報サイトにアップすると全国の客付け業者が閲覧しお客さんに紹介しますから早いタイミングで空室が埋まる可能性があります。

ただデメリットとしては、大家さんから依頼された物件がすぐに決まればよいですが、人気物件でなければそう簡単にはいきません。

そうすると、大家さんからの催促もあり、依頼された責任もあるのでその物件を優先的に紹介せざる得ない状況も出てくる可能性がありますしプレッシャーも感じます。

 

逆に客付け業者はそのようなしがらみは一切ありませんから、お客さんのことだけを考えて物件選びができるメリットがあります。

どちらの業者が良いとか悪いということでは一切ありません。 お客さんにとってはあまり気にすることもないし、両方の業者も目の前のお客さんの希望条件を叶えるために必死にお部屋を探すということは一緒ですよ!