不動産会社選び!大手?中小?



ホームラボ調布・国領の竹内です。

今回は不動産関係の情報です。

お客さんが賃貸マンションやアパートと探すときにまず物件探し、または物件の前に不動産会社を選ぶ時に、大手不動産会社と中小不動産会社で迷われる方もいらっしゃるかと思います。

ぜひ それぞれのメリットデメリットを踏まえた上で、信頼できる会社に相談しましょう。 あくまでも一般論ですが、大手不動産会社は広域エリアが扱える、物件数が多い、一般的な知名度があるため安心感があるなどのメリットがあります。

その反面、営業マンのノルマが強くしつこい傾向があり、自分のペースで物件が探せない、自社物件を中心に勧める、契約時によく分からない付帯サービスが付けられてしまうといったデメリットを耳にします。

また中小の不動産会社は地域密着型の不動産会社で長年営業している会社も多く、地元に根ざしているため地域や店舗の情報に詳しいですね。

 また地元ならではの有力な顧客や人脈、大手に比べると融通が利きやすいなどがあり、親身に相談に乗ってくれる方も少なくありません。

デメリットとしては少人数の場合が多く、取り扱えるエリアが限定され、全体の物件数が大手に比べると少ない傾向がある点です。

ただ限定された担当地域であれば地域密着の不動産会社の方が圧倒的に情報はありますね。

住まい探しは不動産会社に遠慮せず相談することで、プロとしての経験やノウハウから色々な提案や情報、アドバイスを引き出すことが出来ます。

 不動産会社選びを間違えないように、相談の回答や対応を見て、信頼して任せられる不動産会社を見極めましょう!