希望条件の優先順位はどうすればいい?



ホームラボ調布・国領の竹内です。

前回の不動産関係のブログで「家賃はどのくらいに設定にすればよいか?」というお話をしましたが、今回はお住まいの希望条件の話になります。

もしかしたら家賃の設定の前に「どんなお部屋に住もうかな~」が先に来るケースもあると思いますね!

新しい住まいを探す際に、希望する条件や設備の優先順位はあると思います。

「部屋は狭くても収納重視」「古い物件でもいいが駅近くは外せない」「オートロック付きの物件がいい」「2階以上に住みたいな」など条件を並べると夢が膨らみます。

しかし、理想だけを並べては賃料が高くなりすぎたり、全て理想通りで完璧な物件は中々ありません。

まずは、ご自身が暮らしていくのに何が必要なのかを明確にし、譲れないポイントを絞っておきます。

ポイントは自分や同居人の生活において、何を重視するかということです。

通勤のしやすさを最優先にとるのか、築年数や間取りの希望は絶対なのか、エアコンは必須、オートロックは外せない、バストイレ別は譲れないなど、人それぞれです。

家賃の上限を決めた上で、希望する条件や設備の優先順位を決めておきましょう。

繰り返しになりますが優先順位、そしてその条件がMUSTなのかBetterなのかを事前に整理しておくことが効率よくお部屋探しするポイントですね!