今更聞けない⁉礼金と敷金!



ホームラボ調布国領の竹内です。

賃貸物件を探しているとよく目にする敷金・礼金ですが、今更聞けない!と思っている方もいるのではないでしょうか?

というのも初期費用で必ず話題になる部分ですが、会話していると意外と曖昧だったり勘違いしているケースもありますね!

ということで今回は改めて敷金・礼金についてお伝えします。

 

「敷金」は、貸主(大家)への預託金です。 入居時から退去時までに入居者負担でかかる費用に充てられます。

 例えば借主(入居者)が故意で壁紙を破いてしまったり、床が傷ついてしまった場合に修繕費として請求されますが、退去時であれば敷金から精算されます。 基本的にはそういった費用がなければ退去時に返金されます。

「礼金」は、貸主に対して借主が部屋を貸してもらう際の御礼金です。

賃貸住宅が普及しはじめた時期に、感謝の気持ちとして貸主へ御礼金を渡していた慣習が今も残っております。

退去後に返金はありませんが、最近では礼金なしの物件もあります。

 

どちらの費用も家賃何ヶ月分と明記されるのが一般的です。 敷金は物件の使い方により、戻ってくる金額は多少前後します。 入居前に部屋の隅々まで確認し、設備の不具合やキズがあれば家具の搬入前に写真を残して、不動産会社へ伝えておきましょう。

 入居前からあった不具合やキズが、退去時に請求され敷金から差し引かれることを防ぐことができます。

 

なお、関西や九州などの西日本では、保証金や敷引きとして表記される場合もあります。

 保証金は、退去までに家賃の滞納などがなければ、借主に返金されるのですが、預けた保証金から契約時に取り決めした「敷引き」の金額が差し引かれ、その差額が返金されるという仕組みです。 今回は簡単にご説明いたしましたが、地域によっても表記が違うため不明点があれば不動産会社へ遠慮せず聞いておきましょう!