お部屋の方角も気になりますよね!



ホームラボ調布国領の竹内です。

物件探しをしていると部屋の方角も気になりますよね!

今回はお部屋の方角による特徴のお話をします。

人気の方角は日当たり良好の南向きですが、人によっては南向きがベストと言えるわけではありません。

方角ごとの特徴をご紹介します。

  • 南向き 日中の日当たりが良いため洗濯物が乾きやすく、昼間は照明が不要のことも多いです。 秋冬は他の方角と比べ、部屋が温まりやすいので暖房費が抑えられます。 その反面、真夏は日当たりが良すぎるとエアコンを付けても、室温が下がり切らないこともあります。 人気の高さから家賃が高くなる傾向があります。
  • 東向き 午前中を中心に日が当たり、洗濯物もその時間帯に干さないと乾きづらくなります。 朝型タイプの方には向いていますが、夜型タイプの方は遮光カーテンが無いと、眩しくて目覚めてしまうかもしれません。 冬の間は、夕方から室内に陽が届かないため暗くなりがちです。
  • 西向き 午後の日差しが強くなる時間帯に日が当たり、洗濯物も午後が乾きやすいです。 日が落ちるまで太陽光が届くため、夜まで室内が暖かくなり、暖房器具の使用が東向きに比べると抑えられるでしょう。 しかし、午前中は日当たりが少ない、西日が強くなる夏は暑い、家具や床が色褪せやすいといったデメリットもあるので、快適に過ごすためには対策が必要になります。 
  • 北向き 北向きを避ける方も多いですがが、紫外線が当たらないため、クロスや本などが日焼けしにくいというメリットがあります。 また、夏は涼しく暑がりな人には良いという声や他の方角に比べ家賃が安い傾向があります。 しかし、換気をこまめにしないと湿気でカビが生えやすいデメリットはあります。

 方角ごとの特徴をご紹介しましたが、南向きでも窓の前に大きな建物があると日当たり時間が変わります。

方角だけではなく物件の内見はそういった点も確認しておきましょう!